インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

矯正治療は、患者さまのご理解があってこそ成り立つ

私は患者さまとお話しすることを大切にしています。矯正治療は、患者さまのご理解があってこそ成り立つと信じているからです。また患者さまと楽しくお話しすることで、自然と医院の雰囲気もなごやかになり、アットホームな空間をご提供できると思っています。

どのような事情があろうと、患者さまとのコミュニケーションをおろそかにはしません。どうぞ当院では、存分にお口のお悩みをお聞かせください。

歯並びを整えることの良い点とはどこにあると思いますか?

歯並びを整えると見た目が良くなるだけではなく、歯磨きがしやすくなる利点があります。歯がでこぼこだと、なかなか思ったところに歯ブラシが届いてくれません。その状態を放っておくと、虫歯や歯周病は広がりやすくなります。そういう意味では、矯正は虫歯・歯周病予防の一種と言えるでしょう。
また、矯正治療にはまとまった費用と期間がかかります。そのため治療を終えた患者さまは、ご自身の歯に愛着を持ってくださることが多いようですね。歯に対する意識が高まったおかげで、お手入れをしっかりしてくださる方が多いように思います。歯に対する気持ちを前向きにしてくれる点も、矯正の大きなメリットだと私は考えています。

子どもの矯正治療において心がけていることはなんですか?

お子さまの成長を視野に入れた治療を心がけています。成長の段階ごとに適した治療は違います。だからこそ「今そのお子さまに必要なことはなにか」を考えることが重要です。
たとえば下顎の成長をコントロールすることだけでも、うけ口を大きく改善できることにつながります。また前歯の隙間などは、成長とともに自然と良い方向に導かれることもあるので、うまくサポートする必要があります。たとえ小さな変化にも目を向けることが、お子さまの矯正治療では欠かせません。

小児矯正の進め方が特徴的ですね。

一般的に小児治療は、お子さまの成長に合わせて「I期治療」と「II期治療」にわかれています。当院はその2つをまとめた矯正を提案しています。お子さまの成長段階に本当に合った治療を提供するには、時期をわけずに柔軟な対応をしたほうが良いと考えるからです。
子どもの歯の状態は年齢、性別、成長速度によって変わります。たとえば男子に比べて女子は成長が始まるタイミングが早く、終わる時期にも大きな個人差がない特徴があります。また顎や骨の成長次第でも、歯並びは変わっていきます。そのお子さまの、そのときに合った治療を提供するには、時期をわけないほうが良いと判断しました。

診療の上で、大切にしていることはなんですか?

患者さまとのコミュニケーションです。私は治療を無理に勧めることはしません。患者さまにはそれぞれの事情や、お考えがあることがわかっているからです。また矯正はまとまった費用と期間のかかる治療です。そのような治療に臨んでいただくには、患者さまのご理解が欠かせません。だからこそ、患者さまと向きあう必要があると考えています。
アットホームな医院を作りたいという思いも、コミュニケーションをおろそかにしない理由の一つです。私自身が笑顔で診療を行うために、患者さまとは楽しく会話したいですね。

カウンセリングではどのようなことを行っているのでしょうか?

まずは「どこが」「どのくらい」気になっているのかをお聞きします。そのうえで、問題の改善に必要な治療をお話しします。治療のお話はお口につける装置のことから、利点・欠点に至るまで、事細かにするように心がけています。
私はカウンセリングの場で「治療を受けてください」とは言いません。1度は患者さまご自身に、治療について考えていただく時間を設けています。患者さまのご理解を得ることをなにより大切にしているからです。カウンセリングはあくまで、患者さまが治療を受けるかどうかの判断基準になれば良いと思っています。

通院間隔が長めな印象ですが、間隔があくことで不具合はでませんか?

当院では主に、2ヶ月ごとのご来院をお願いしています。通常は1ヶ月ごとの来院を必要とすることが多いのですが、当院は装置にこだわることで通院期間があいても不具合が出にくいようにしました。
当院で採用している装置は、歯の動きに合わせて装置自体がワイヤーの強度を調整してくれます。そのため時間が経っても、異常が起こりにくくなっています。通院回数を減らせることは、当院の強みだと思っています。

歯科用CTなど、設備も充実していますね。

設備を充実させたのは、より良い診断をするためです。たとえば歯科用CTを使うと、歯の位置を立体的に把握することができます。歯の前後関係や奥行きの情報は矯正治療にも大いに役立ちます。
また顎の変形具合を確かめるのにも一役買うので、外科処置をともなう矯正治療の事前準備がしっかりできます。より良い治療提供を心がけたら、機器をそろえるのは当然の成り行きでした。